内臓HDD(3.5インチ)の相場は?コスパ最強を知るならこちら!!

HDDは年々容量が大きくなり、値段も安くなっていきます。
頻繁に購入するものではないので、コスパの良いHDDを購入には調査が必要になります。
筆者も定期的にHDDを購入したくなるのでその調査結果をまとめました。

この記事では2020年5月時点での調査内容しています。
少なくとも半年程度は信用できる情報になると思われます。(半年後にちゃんと更新できますように!!)

価格.comとアマゾンの最安値から調査しています。(価格.comの方が安い、または値段同じです。)

2020年5月時点 コスパ最強は8TB

結論として8TBで14000円前後がコスパ上の最安値となります。
1TB当たりの値段として1750円となります。

下記が 1TB当たりの値段を表したグラフになります。
これを見ると4-8TBまでの範囲ではあまり差はありません。
ある程度大きい容量が欲しい場合はこの範囲であれば後は財布との相談でしょう。

グラフ

容量1台当たりの最安値1TB当たりの値段
1TB3900円3900円
2TB5800円 2900円
4TB 8000円 2000円
6TB11000円1833円
8TB 14000円 1750円
10TB 27000円 2700円
12TB 36000円 3000円
14TB 45500円 3250円
16TB 60000円 3750円

容量が少なくてもかまわないという人は1TBのHDDをおすすめ

1TB当たりの値段が最高値になりますが、1TBですら容量はとても大きいので十分ではないかと思います。
画像やテキスト関係のデータしか保存しない人は1TBで十分ですね。
youtuberとか動画を扱う人には物足りないと思うのでもっと大きい容量のHDDを選択しましょう。

現状市販で購入可能な容量は16TBが上限

市販では16TBのHDDまでしか購入できない様です。
最安値は60000円前後となっており、8TBのHDDを4台購入しても余りが出ます。
HDDケースと電源に余裕のある人は8TBを複数購入するのが最もコスパが良いです。

まとめ

この記事では1TB単位の値段でのHDDの良し悪しを判断しています。
難しく考えるなら読出し・書込み速度や信頼性など考える余地はあります。

ただ、個人で使用するついては使用できれば良いという人は多いと思います。
何も考えず8TBの安い新品の物を購入しておけば間違いないでしょう。